広告

業務マニュアルは第三者に依頼するのが鉄則

街中を移動する広告とは

バッグ

使いたくなる工夫

商品を安全かつ簡単に持ち運ぶための道具として、手提げ袋の提供は欠かせないサービスのひとつです。再利用しやすいことからナイロン袋と比較して価値が高く、有料で提供する商業施設は少なくありません。また、材質が主に紙の手提げ袋は、印刷の自由度が高いため、広告媒体として注目されています。看板タイプの広告と比較した場合、手提げ袋のメリットは、街中を移動しながら宣伝してくれる点でしょう。手提げ袋はサービス・広告とふたつの役割があり、利用者と提供者の双方に利益をもたらす貴重なツールです。手提げ袋を広告として作成する場合、主にフルオーダーとセミオーダーのどちらかを選択します。フルオーダーは印刷面のデザインだけではなく、材質のタイプやハンドル部分もカスタマイズでき、完全オリジナルの手提げ袋作成が可能です。既製品の手提げ袋を使用するセミオーダーは、ロゴや文字を入れる簡単な作成方法となるため、安価でスピーディーな納品が実現します。近年においては、データアップロードのみで注文可能なサービスも登場していることから、画像編集ソフトがあると便利です。広告として有効活用できる手提げ袋ですが、使ってもらえるような魅力のあるデザインも重要なポイントとなります。オシャレなデザインまたは防水であれば、普段の生活で利用される可能性が高くなり、広告・宣伝効果もアップすることでしょう。広告と使いやすさのバランスが必要となるため、ターゲットを意識した作成も重要です。