広告

業務マニュアルは第三者に依頼するのが鉄則

視覚に訴えかける集客方法

旗

コストに見合った宣伝効果

インターネット上の口コミサイトが一般的に利用されるようになり、紙のチラシや放送広告を使わずに集客しようとする事業者も多くなりました。ネットによる宣伝もある程度は有効ですが、万能ではありません。過去のデータに基づいているということが大きな理由です。既に多くのお客様が訪れた店ならば口コミ集客が成り立ちますが、開業したばかりの頃はなかなかレビューが投稿されません。そこで、チラシやのぼりのような視覚に訴えかける広告を製作することで、来店のきっかけを作ることが重要となります。たとえば、幹線道路沿いの店舗の前にカラフルなのぼりを何本も立てれば、コスト以上の宣伝効果を得られるのです。住宅街のような奥まった場所では、民家と店舗の区別がつきにくいですから、のぼりを設置するだけでアピールすることができます。一般的なサイズののぼりであれば、1枚あたり500円前後で製作することが可能です。ただし、耐久性は価格相応のものとなります。のぼりは屋外に設置して風雨にさらされるものですから、上記のような安いものは製作から3ヶ月が耐久性の目安です。しかし、他の広告と同様にのぼりにも目新しさが求められますから、製作後3ヶ月という耐久性は妥当であると考えられます。製作単価は3,000円以上となりますが、太い糸を使用したのぼりの場合は、1年以上使用し続けられる耐久性です。一時的な広告なのか、それとも店舗名やサービス内容を記載するものかといった用途により、製作の際に費用と耐久性を考慮しましょう。